時を忘れる悠久の流浪ブログ

時を忘れる悠久の流浪ブログ

セブンのコーヒーマシンの件で思った事

日本語を書き足されて、なんとも残念なデザインとなっているセブンイレブンのコーヒーマシンだが・・・。

 

予想外に、いろいろな意見が寄せられている模様。

 

 そもそも、何故、英語表記なのか?

 

という意見は、もっともだと言わざるを得ない。

 

あれは、店員ではなく、客が自分で操作するものだ。
だったならば老若男女、誰もが「使える」インターフェースにするべきだ。

 

せめて、サイズを英語表記にするならば、慣れ親しんだ

 

 S、M、L

 

を採用すべきだったと思う。

 

 M (Midium)、L (Large)

 

ならば、個人的にはギリギリセーフだったと思うのだが、これを

 

 R (Regular)、L (Large)

 

にしてしまったのが敗因だ。

 

一般的に、R、L と書かれていたら「右、左」かと思う人の方が多いだろう。
それだけでも意味不明なのに、

 

 Rボタンが左、Lボタンが右

 

に配置されているという念の入ったワケの判らなさとなっている。

 

実際の操作は、

 

 HOT、ICEのどちらかの列から、RまたはLのボタンを選んで押す

 

というだけの物で、決して複雑な操作は必要ない。

 

それなのに、「何だか判らん!」という批判を浴びたのは、

 

 これくらい、判るでしょう

 

という上から目線の思い込みがあったのだと思う。

 

また、こういったベンダマシンも、デザインする人が居る、という点を忘れる事はできない。
以前、デザイナーと仕事をした時に、彼らの「こだわり」に驚いたものだ。
特に、ゲーム等のインタフェースデザインでは、彼らは

 

 自分が表現したい事

 

 

 ユーザの操作性

 

よりも優先してしまう傾向があって、よく自分達プログラマと喧嘩になったものだ。

 

ボタンが少ない、シンプルなデザインだからこそ、「こだわり」が強く出てしまったのか、という気もする。

格安SIMを活用する

スマホの月額に悩んでいる人は多いのでは?

 

そんな人におすすめなのが格安SIMです。ドコモなどの通信事業者と直で契約するよりお得です。

 

費用も月500円〜とリーズナブルなのが特徴的だ。ただし、安いにはわけがあるので知っておくべきことはいくつかある。

 

格安SIMについては色々まとめてあるサイトがあるので、気になった人には調べてみることをおすすめする。わたしは格安SIMを活用することで月の通信料が3,000円も安くなった。使い方を工夫すれば全く問題なく使える。

 

思えばスマホの通信料金は高過ぎた。適正は4,000円前後だと思うのはわたしだけだろうか。通信料の前にスマホ本体代金が8万円とパソコンよりも平気で高い金額だ。それに高い通信料ではたまったものではない。

 

知恵をこらして節約せねば。

更新履歴